求職者支援制度

求職者支援訓練について

 
求職者支援制度を簡単に言うと、安定した就職のために早期就職を目指すための制度です。  無料で職業訓練を受けることができ、給付金(月10万円+通所手当)も受け取ることができます。
就職前、就職後のイメージ

「求職者支援制度」とは、 雇用保険を受給できない求職者の方が 職業訓練によるスキルアップを通じて 早期の就職を目指すための制度です。

主旨としては、基金訓練と同じく、 雇用保険を受給できない失業者が、 早期の再就職を目指しての スキルアップをするために、 無料で職業訓練を受けてもらうと共に、 本人や世帯全体の収入、資産物件など 一定の支給要件を満たす場合に 職業訓練を受けやすくするために 給付金(生活の支援金)を支給するとともに 公共職業安定所(ハローワーク)での 就労支援を受けて安定した就職に 結びつけることを目指すものである。

出典:引用・参考資料
Wikipedia
厚生労働省

給付金、パソコンを無料で習いたい、「パソコンできる方」の求人に応募したい!という方、気になることはお気軽にお問合せください。

ハロートレーニング受講の流れ

 
ハロートレーニング受講の流れ。受講するためには、ハローワークに求職申込みをした後、面接等の選考に合格し、受講あっせんを受ける必要があります。
 

※厚生労働省「求職者支援制度のご案内」より引用

【求職者支援訓練】は、雇用保険(失業保険)を受けられない方を対象とした職業訓練です。

再就職に役立つ認定コースを無料で受講できます。月10万円~12万円の生活支援給付金が支給されます。

 受講資格

職業に就く意思があり、ハローワークに求職申し込みを行っている方
 
過去に就く意思があり、ハローワークに求職申込みを行っている方
 
過去に公共職業訓練を受講したことがある場合は、訓練終了後、1年以上経っている方
※公共職業訓練の基礎的訓練を受講された場合は、実践コースの申し込みが可能です。
 
過去に求職者支援訓練を受講した事がある場合は、訓練終了後、2年以上経っている方
(同求職者支援訓練の基礎コースの受講を希望される場合)
※条件についてはハローワークにて確認をお願いいたします。