MOS検定情報

検定情報

Examination information
MOS検定情報

MOS検定(Microsoft Office Specialist)

MOS検定とは

 世界各国で受験されている、Microsoftが認定している試験です。

世界各国で受験されているので、MOSを持っていることで世界中のどこでも共通して
使うことができます。

各ソフト別に試験が分かれており、ワード・エクセルはもちろんのこと、
パワーポイント・アクセス・アウトルックといったMicrosoftのソフトの専門的操作を学ぶことができます。

また、ワード・エクセルは初級レベルにあたるスペシャリストと上級レベルにあたるエキスパートの2つのレベルがあります。

ある一定の試験に合格するとマイクロソフトオフィススペシャリストマスターと言って、複数のソフトを総合的に使えるという証明になる称号があるのもMOSの魅力と一つです。
 

マイクロソフト オフィス マスター取得のメリット

複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、仕事や作業の効率アップが図れるだけでなく、
 
・「オフィス マスター取得という結果が、
  自分自身の自信にもつながった」
 
・「複数科目の合格を目標にするので、
  取得後の達成感が違う」
 
・「いろいろな仕事を
  任せられるようになり、
  上司や同僚からの信頼感が高まった」
 
・「総合的なスキルや複数科目の
  挑戦結果を客観的に提示でき、
  就職や転職活動に有効だった」
 
など、「マイクロソフト オフィス マスター」取得ならではのメリットがあります。
 
マイクロソフト オフィス スペシャリストにはじめてチャレンジする方も、すでに、いくつかの科目に合格されている方も、「マイクロソフト オフィス マスター」を取得して、総合的なスキルを証明してください。 
 

MOS 2016マスター

Office2016バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

必須科目 Word 2016 Expert(上級) Excel 2016 Expert(上級) PowerPoint 2016
選択1科目 Access 2016 または Outlook 2016

 

MOS 2013マスター

MOS2013でマイクロソフトオフィススペシャリストマスターになるには、3種類の方法があります。

1ワードを中心に取得していく方法、2エクセルを中心に取得していく方法3エキスパートを中心に取得していく方法があります。
 

Word

Wordの上級スキルを取得することに焦点を当てます。
 
これにExcel 2013(一般)と選択1科目を取得することで、複数のOffice アプリケーションを使いこなすスキルを証明します。
 
営業、マーケティング、法律関係、ジャーナリズムなどの分野でのキャリアを目指す人に適しています。

必須科目 Word 2013 エキスパート Part 1 Word 2013 エキスパート Part 2 Excel 2013
選択1科目 PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

 

Excel

Excelの上級スキルを取得することに焦点を当てます。
 
これにWord 2013(一般)と選択1科目を取得することで、大規模なデータの取り扱いや、Officeを使ってデータを扱う業務に必要なスキルを持っていることを証明できます。
 
会計、財務、データベース管理、調査などの分野でのキャリアを目指す人に適しています。
 

必須科目 Excel 2013 エキスパート Part 1 Excel 2013 エキスパート Part 2 Word 2013
選択1科目 PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

 

エキスパート

WordとExcelの上級スキルを持っていることをアピールする場合は、エキスパートコースが適しています。

Word、Excelの両方でエキスパートレベルの取得が必要です。

必須科目 Word 2013
エキスパート Part 1
Word 2013
エキスパート Part 2
Excel 2013
エキスパート Part 1
Excel 2013
エキスパート Part 2
選択1科目 なし


 

MOS 2010マスター

Office2010バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

必須科目 Excel 2010 エキスパート Word 2010 エキスパート PowerPoint 2010
選択1科目 Access 2010またはOutlook 2010

 
試験のバージョン、等級、受験料
ソフト バージョン 等級 受験料
Word
Excel
2016 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
2016(学割) スペシャリスト 8,424円
エキスパート 10,584円
2013 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
2013(学割) スペシャリスト 8,424円
エキスパート 10,584円
2010 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
Access
PowerPoint
Outlook
2016 単一級 10,584円
2016(学割) 単一級 8,424円
2013 単一級 10,584円
2013(学割) 単一級 8,424円
2010 単一級 10,584円

※当校に来校して頂いての申し込みになります。
※お申し込み時に検定料をご用意ください。
※試験開始時間は検定日により異なります、申込時にご確認ください。
※事前に受験IDの登録が必要となりますが、事前登録できない場合は当日登録することもできますのでご相談ください。
 
当校では2010・2013・2016の試験が受けられます。
 
またMOS試験対策講座なども行っておりますのでご相談ください。
 
MOS試験公式サイトMicrosoft Office Specialist
MOS検定の予定はこちらをご覧ください。

MOS検定(Microsoft Office Specialist)

MOS検定とは

 

 
MOS検定情報

世界各国で受験されている、 Microsoftが認定している試験です。

世界各国で受験されているので、 MOSを持っていることで 世界中のどこでも共通して
使うことができます。

各ソフト別に試験が分かれており、 ワード・エクセルはもちろんのこと、
パワーポイント・アクセス・ アウトルックといったMicrosoftの ソフトの専門的操作を学ぶことができます。

また、ワード・エクセルは 初級レベルにあたるスペシャリストと 上級レベルにあたるエキスパートの 2つのレベルがあります。

ある一定の試験に合格すると マイクロソフトオフィス スペシャリストマスターと言って、 複数のソフトを総合的に 使えるという証明になる称号があるのも MOSの魅力と一つです。
 

マイクロソフト オフィス マスター取得のメリット

複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、仕事や作業の効率アップが図れるだけでなく、
 
・「オフィス マスター取得という結果が、
  自分自身の自信にもつながった」
 
・「複数科目の合格を目標にするので、
  取得後の達成感が違う」
 
・「いろいろな仕事を
  任せられるようになり、
  上司や同僚からの信頼感が高まった」
 
・「総合的なスキルや複数科目の
  挑戦結果を客観的に提示でき、
  就職や転職活動に有効だった」
 
など、「マイクロソフト オフィス マスター」取得ならではのメリットがあります。
 
マイクロソフト オフィス スペシャリストにはじめてチャレンジする方も、すでに、いくつかの科目に合格されている方も、「マイクロソフト オフィス マスター」を取得して、総合的なスキルを証明してください。 
 

MOS 2016マスター

Office2016バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

必須科目 Word 2016 Expert(上級) Excel 2016 Expert(上級) PowerPoint 2016
選択1科目 Access 2016 または Outlook 2016

 

MOS 2013マスター

MOS2013でマイクロソフトオフィススペシャリストマスターになるには、3種類の方法があります。

1ワードを中心に取得していく方法、2エクセルを中心に取得していく方法3エキスパートを中心に取得していく方法があります。
 

Word

Wordの上級スキルを取得することに焦点を当てます。
 
これにExcel 2013(一般)と選択1科目を取得することで、複数のOffice アプリケーションを使いこなすスキルを証明します。
 
営業、マーケティング、法律関係、ジャーナリズムなどの分野でのキャリアを目指す人に適しています。

必須科目 Word 2013 エキスパート Part 1 Word 2013 エキスパート Part 2 Excel 2013
選択1科目 PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

 

Excel

Excelの上級スキルを取得することに焦点を当てます。
 
これにWord 2013(一般)と選択1科目を取得することで、大規模なデータの取り扱いや、Officeを使ってデータを扱う業務に必要なスキルを持っていることを証明できます。
 
会計、財務、データベース管理、調査などの分野でのキャリアを目指す人に適しています。
 

必須科目 Excel 2013 エキスパート Part 1 Excel 2013 エキスパート Part 2 Word 2013
選択1科目 PowerPoint 2013 、Access 2013、Outlook 2013のいずれか

 

エキスパート

WordとExcelの上級スキルを持っていることをアピールする場合は、エキスパートコースが適しています。

Word、Excelの両方でエキスパートレベルの取得が必要です。

必須科目 Word 2013
エキスパート Part 1
Word 2013
エキスパート Part 2
Excel 2013
エキスパート Part 1
Excel 2013
エキスパート Part 2
選択1科目 なし


 

MOS 2010マスター

Office2010バージョンの一般スキルから上級スキルまで、総合的なスキルを証明します。

必須科目 Excel 2010 エキスパート Word 2010 エキスパート PowerPoint 2010
選択1科目 Access 2010またはOutlook 2010

 
試験のバージョン、等級、受験料
ソフト バージョン 等級 受験料
Word
Excel
2016 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
2016(学割) スペシャリスト 8,424円
エキスパート 10,584円
2013 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
2013(学割) スペシャリスト 8,424円
エキスパート 10,584円
2010 スペシャリスト 10,584円
エキスパート 12,744円
Access
PowerPoint
Outlook
2016 単一級 10,584円
2016(学割) 単一級 8,424円
2013 単一級 10,584円
2013(学割) 単一級 8,424円
2010 単一級 10,584円

※当校に来校して頂いての申し込みになります。
※お申し込み時に検定料をご用意ください。
※試験開始時間は検定日により異なります、申込時にご確認ください。
※事前に受験IDの登録が必要となりますが、事前登録できない場合は当日登録することもできますのでご相談ください。
 
当校では2010・2013・2016の試験が受けられます。
 
またMOS試験対策講座なども行っておりますのでご相談ください。
 
MOS試験公式サイトMicrosoft Office Specialist
MOS検定の予定はこちらをご覧ください。

MOS習得・学習のメリット

メリット
1
パソコンスキルを客観的に証明 メリット
2
対策学習が実務力に直結
「Excelが使える、Wordが使える」などといった目に見えないスキルを客観的に証明。
資格はMicrosoft Officeのバージョンごとに取得できます。
実際のアプリケーションソフトをコンピュータ上で操作する実技試験なので、資格取得だけではなく、対策学習によってパソコンを使う実務力がつけられます。
メリット
3
業務や作業効率が向上 メリット
4
就職・転職時の実力をアピールに
さまざまな機能を効率的に使いこなすスキルが身につくため、現場でのパソコンを使った業務や作業の効率化が図れます。 社会人に必須の資格のため、就職・転職時をはじめ、社内でのパソコンスキルアピールに効果的です。また、多数の企業で社員教育として導入されています。
メリット
5
習得結果をスピーディーに活用 メリット
6
世界で通じる国際資格
「合否」の結果は、受験後すぐに判定。取得したその日から履歴書に記載して、就職・転職活動に活かせます。 約200の国と地域実施されているグローバルな認定資格。
世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」により、認定されたスキルは世界で通用します。

※マイクロソフトオフィススペシャリスト公式サイトより転載

MOS検定情報 対策講座

検定対策講座

 
ピックアップ

企業はスキルを求めている

優秀な人材を手に入れたい。
全ての企業は、このようにして人材を見定めています。
 
また、仕事でもスキルの有無により、そのほかの方と差別化ができ、企業はあなたを認めてくれます。
 
では、どのようにしてスキルの有無を企業が知れるのか?
 
それは、資格を持つことです!
 

検定対策講座MORE

検定対策講座

MOS検定情報 対策講座
 
ピックアップ

企業はスキルを求めている

優秀な人材を手に入れたい。
全ての企業は、このようにして人材を見定めています。
 
また、仕事でもスキルの有無により、そのほかの方と差別化ができ、企業はあなたを認めてくれます。
 
では、どのようにしてスキルの有無を企業が知れるのか?
 
それは、資格を持つことです!
 

検定対策講座MORE